2013年04月15日

2013年関西春の旅行

 4月始め、射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)の三ッ山大祭に合わせて、関西を旅行してきました。

 射楯兵主神社の三ッ山大祭は20年に一度と言うことで、たぶん次回はこの世にいないか、もはや遠出は出来ない体になっていることだろうと思うと、絶対に見逃せない祭りでした。しかしながら、いろいろ町内会などの行事もあって、なかなか日程を決められず、苦労しました。

 東京の桜はもはや散り際だったのですが、関西の桜は気温が開花から低めに推移したために、まだまだ見頃のモノもたくさんあり、桜を愛でるという観点からも、一定の満足いく旅になりました。

 今回はきわめて例外的に、個人旅行で行きました。勿論自由度は高いわけですが、その分個人旅行は金額も高くなる傾向にあります。この対策として、JR東海ツアーズのパッケージを使いました。三泊四日で、交通費込みで上本町にある都ホテル・シェラトンレギューラーツインに泊まって、二人で6万でした。都内から大阪まで往復すれば新幹線代だけで一人3万弱かかりますから、これはかなりお得なパッケージで、今後も機会あれば使いたいと思いました。

 それからもう一つの武器は、フリー切符です。一つはこれまでに既に二回利用したことのあるするっとKANSAI3deysパス。これは姫路を含む広域エリアの私鉄をほぼ乗り降り自由で利用出来る切符で、三日間で5000円です。今回特に射楯兵主神社の三ッ山大祭のために姫路に行かなければならなかったので、かなりお得感がある使い方をしました。
 その切符は3日間ですから、三泊四日で残りの一日は大阪周遊パスを使いました。これは3deysパスよりも更に強力でした。1日2000円ですが、なんとかなりの施設などが無料で使えるのです。天保山から出ている大阪湾45分間クルーズもその脇の大観覧車も無料です。

 と言うわけで、今回も交通費と宿泊費のみで言えば、二人で7万5000円くらいでした。勿論食事については、シェラトンで食べるわけにも行かないので、いちいちホテルの外へ出なければならない不自由さはありますが、まぁそこの所は我慢と言ったところでしょうか。

 今回は、初日は大阪見物、二日目三ッ山大祭、三日目京都散策、四日目は法華寺のひな会式の結願供養を見学するというのがそれぞれの日のメインイベントでした。三日目はギリギリ雨になる前に二条城のしだれ桜林を見学して早めに帰ってきましたが、それ以外はめいっぱい一日遊んだ感じの行程でした。冒頭にも書いたように、散りゆく桜が印象的な関西旅行でした。
posted by jun&nori at 19:24| Comment(0) | 日記

2013年04月07日

4.4月7日(日)曇り時々雨

起床(0500)法華寺(0902〜1210)昼食マック(1240〜1305)−国立博物館(1330〜1640)−食事サイゼリア(1650〜1750)新大阪(2047)<新幹線のぞみ号13号車8DE>(2319)東京駅−新宿(2338)−自宅(0003)
posted by jun&nori at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

4−1 朝

起床(0500)ホテル発(0700)朝食(吉野家)

 今日の天気予報も良くない。朝は降っていないが雨マークがある。何とか持ってくれればいいのだが。
 朝食は通り道にある吉牛で。
kansai1304 815 07 07-12_R.JPG
posted by jun&nori at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

4−2 法華寺(0902〜1210)

上本町(0735)(0810)近鉄奈良(0850)法華寺(0902〜1210)近鉄奈良

 まずは奈良の尼門跡寺院、法華寺を目指す。それには理由があって、「ひな会式」というのが行われるからだ。これは4月1日より7日間、10時から行われるというので、それに間に合うように行った。少し雨が落ちてきた。
 少し早かったので、庭を散策した。こちらはもう桜は殆ど終わっていた。代わりに足下に小さな花がいくつか咲いていた。今日はもう一つの名勝(国指定)法華寺庭園も開放されている。
 「ひな会式」というのは、法華寺のご本尊で、この時期に合わせて特別公開されている十一面観音像の前に55体の善財童子をおまつりする法要のことで、善財童子の小さな人形が「ひな」と言われていたことに由来して、そう呼ばれている。善財童子は文殊菩薩から教えを受け、仏道を極めるため55人を訪ね最後の普賢菩薩に会って悟りを開いたといわれているのだそうが、十一面観音像の前に並んだ人形は、合掌した姿を表現したもので、皆可愛らしかった。
 一日一度の法要では、尼僧が童子像の周囲をゆっくり回って、散華をまいて読経する。その散華は後でもらえるのかと思ったら、残念。
 最後にもう一度庭園を見た。この頃にはすっかり雨も上がっていた。
kansai1304 825 07 09-02_R.JPGkansai1304 828 07 09-05_R.JPGkansai1304 841 07 09-10_R.JPGkansai1304 844 07 09-13_R.JPGkansai1304 851 07 09-16_R.JPGkansai1304 854 07 09-18_R.JPGkansai1304 858 07 09-20_R.JPGkansai1304 867 07 12-06_R.JPGkansai1304 872 07 12-09_R.JPG
posted by jun&nori at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

4−3 国立博物館(1330〜1640)

昼食マック(1240〜1305)国立博物館(1330〜1640)食事サイゼリア(1650〜1750)

 午後は、国立博物館へ行くことにした。6日から「當麻曼荼羅完成1250年記念 特別展」をしている。
 その前に少し腹ごしらえをと思い、マックに入って食べていると、向かい側に格安チケット店を見つけた。もしかしたらと思って寄ってみると、ピンポーン。50円だけだが安くなる券を売っていた。二人で100円お得になる。
 気をよくして、猿沢の池の方から興福寺を通って行った。天気が悪くて寒いせいか、人も鹿も少なかった。
 特別展の當麻寺といえば、昨年、練供養式を見に行ったということもあって、より親しみを感じる。曼荼羅だけではなく思ったより沢山の展示物が有り、この寺には多くの国宝や重文などの寺宝があるということが分かった。また、中将姫伝説というのが、この寺だけではなくかなり広い範囲で信仰を集めているということも知った。
 でもやはり一番は曼荼羅だろう。といっても展示されている「国宝 綴織當麻曼荼羅」は、全くといって良い程内容が分からない。約4mの大画面に極楽浄土の様子を表してあるそうだ。一般公開は実に30年ぶりとか。でも、向かい側に展示されている「重文 當麻曼荼羅(文亀本)」は、綴織當麻曼荼羅(根本曼荼羅)を写した同寸の絵画であるだけに、はっきりと分かる。これは、室町時代(1505)に作られた物。その横ではデジタルでの詳細な解説もなされていた。近年本格修理が行われたもので、おそらくこれが最初で最後の寺外での公開となるとのこと。
 人が少ないこともあってじっくり見ていたせいで、最後は時間が足りなくなってしまった。
 その帰りにサイゼリアで夕食。今日は釜が壊れていてピザが出来ないとのこと。がっかりだ。
kansai1304 883 07 13-08_R.JPGkansai1304 885 07 13-12_R.JPGkansai1304 889 07 13-15_R.JPGkansai1304 893 07 13-17_R.JPGkansai1304 899 07 13-24_R.JPGkansai1304 906 07 17-18_R.JPG
posted by jun&nori at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

4−4 帰路

近鉄奈良(1754)(1828)上本町(1837)(1842)難波(1847)(1901)新大阪(2047)<新幹線のぞみ号13号車8DE>(2319)東京駅−新宿(2338)−自宅(0003)

新大阪に早く着きすぎてしまったので、待合室でしばらく座っていた。周りにはお土産屋さんや弁当屋さんが並んでいたので、ウロウロしながら適当に買い込む。勿論酒類も。
 それで新幹線の中で宴会。それが済んだら熟睡。
 ・・・今回は大阪・京都・奈良と関西の三都を回れるだけ回ったという感じで楽しんだ。
 充実の4日間だった。
kansai1304 917 07 19-40_R.JPGkansai1304 925 07 20-44_R.JPGkansai1304 926 07 20-52_R.JPG
posted by jun&nori at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月06日

3.4月6日(土)雨

起床(0530)嵐山(0740〜0810)二条城(0850〜1050)昼食(1140〜1153)京都文化博物館(1155〜1305)夕食(やまと)ホテル
posted by jun&nori at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

3−1 朝

起床(0530)ホテル発(0620)

 昨日食べすぎて、まだ空腹感はなかったので、そのまま出発することにした。
 というのも、今日の天気予報は昼頃から大荒れになるというものなので、出来るだけ雨の降る前に見ておきたかったからだ。
 今日は京都に行く。
kansai1304 662 06 06-51_R.JPG
posted by jun&nori at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

3−2 嵐山

上本町−近鉄日本橋(徒歩)日本橋(0634)−淡路(0653)(0720)桂(0728)(0735)嵐山

 最初に向かったのは嵐山。勿論桜情報に基づいてのこと。ここは予想に違わず素晴らしかった。いや、予想以上かも知れない。
 雨の前の風が吹き始めていたので、桜の花びらが舞い落ちてくる様がこれまた綺麗だった。幼い子供がそれを拾い集めて喜んでいたが、その気持ちも良く分かる。
 一方大人はといえば、ここにもブルーシートが並べられ、既に番をしている若者ものいた。これから天気が下ってくるのに、と思うと気の毒。
 我々はしばらくその花吹雪の下で、写真を撮ったりして楽しんだ。天竜寺の桜も見てみたかったが、早すぎてまだ開いていない。といって待っていて天気が崩れるのもイヤだし、ということで先を急ぐことにした。
kansai1304 675 06 07-43_R.JPGkansai1304 678 06 07-44_R.JPGkansai1304 681 06 07-45_R.JPGkansai1304 692 06 07-49_R.JPGkansai1304 699 06 07-57_R.JPGkansai1304 702 06 08-06_R.JPG
posted by jun&nori at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

3−3 二条城

嵐電嵐山(0823)(0835)天神川(0839)−二条城前−二条城(0850〜1050)

 渡月橋を渡って嵐電嵐山まで歩いた。さすがに人影もまばら。駅には足湯があったが、まだ営業前だった。
 二条城は開いてすぐの時に到着。
 二の丸御殿は、雨になっても関係なく見学できるので、まず庭園の方へ行った。
 最初は庭園に桜の木が並んで植えられ、それぞれに名札が着いていたので、植栽園程度なのかと思ってしまったが、その先へ行くと満開のしだれ桜が見事に並んで立っていた。1本1本が大きく見事な枝振りで十分に見応えがある。しばしその光景を楽しんだ。
 壕を見ながら更に行くと滝桜のように1本桜もあって、それは両手を広げたような大きさでこれまた見事な咲きっぷりだった。
 ここはお得な名所だった。
 が、途中から雨が降り出し、傘が必要となった。休憩所で少し休んだ後、二の丸御殿へ入った。
 部屋の前にあるテープの解説を聞きながら進んでいったが、さすがに世界遺産だけあって、外国人が多かった。
 かなり雨がひどくなってきたので、もう一度休憩所で休みがてらこの後のことを相談した。
kansai1304 717 06 08-50_R.JPGkansai1304 730 06 09-03_R.JPGkansai1304 741 06 09-14_R.JPGkansai1304 753 06 09-19_R.JPGkansai1304 759 06 09-21_R.JPGkansai1304 781 06 09-52_R.JPGkansai1304 782 06 09-53_R.JPGkansai1304 787 06 09-54_R.JPGkansai1304 794 06 10-43_R.JPG
posted by jun&nori at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記